資料ダウンロード
HOME > 取材 > 【独占インタビュー】カンパリブランドアンバサダー 小川尚人さんにインタビュー!

【独占インタビュー】カンパリブランドアンバサダー 小川尚人さんにインタビュー!

2023.06.24 / 最終更新日:2024.02.11
【独占インタビュー】カンパリブランドアンバサダー 小川尚人さんにインタビュー!

創業から160年以上経つ現在も、カクテルのベースとして世界中で注目を集めるカンパリ

第2弾となる今回は、ブランドアンバサダーを務める小川尚人さんに、カンパリブランドが提供するリキュールやウイスキーの魅力、そして現在までの様々なご経験やブランドアンバサダーにかける想いについてお伺いしました。
シークレットレシピでありながら、世界で人気を博し続けるカンパリの魅力は必見です!
ぜひ最後までご覧ください!

第1弾のイベントレポートでは、イタリアの伝統的な食文化やカンパリの歴史について勉強することができる充実したイベントの様子をお伝えしています!

こちらも併せてご覧ください!
【イベントレポート】カンパリブランドアンバサダーとBAR FIVE Arrowsのコラボイベントを開催!

カンパリとは

カンパリ

1860年代、創業者ガスパレ・カンパリがミラノに出店した「カフェ・カンパリ」で提供したことが始まりのリキュール鮮やかな赤色で、少し甘みがありながら、ちょうど良い苦みを含んだリキュールは、創業から160年以上経った現在でも、世界中の人々を魅了しています。
Drinks International社が発表した「The World’s Best-Selling Classic Cocktails 2022 世界のBarで売れているカクテルランキング」では、カンパリを材料とするカクテル、ネグローニが世界1位を獲得しました。
現在、CAMPARI GROUPブランドは、カンパリをはじめとしたリキュールやワイルドターキーといったウイスキーも扱っており、50を超えるプレミアムブランドをグローバルに展開しています。

小川さんのご経歴について

カンパリブランドアンバサダーの小川尚人さん

ブランドアンバサダーとは

Dear WHISKY:
ブランドアンバサダーとは、どのような存在なのでしょうか?

小川さん:
日本では、ブランドアンバサダーは芸能人の方が広告塔になるイメージが大きいかもしれません。もちろんそのような点もありますが、海外においては、その分野において専門的な知識や技術を持った人がやることが多いです。

Dear WHISKY:
そうなのですね!具体的には、どのような活動していらっしゃいますか?

小川さん:
ブランドの啓蒙活動として、ゲストバーテンダーとしてカクテルを作ったり、セミナーを企画するといった活動を主に行なっています。カンパリブランドを広めていくことが一番の仕事です!

セミナーの様子

『BAR FIVE Arrows × CAMPARI』セミナーの様子

バーテンダーになるまで

Dear WHISKY:
バーテンダーを志すまでは、どのように過ごしていらっしゃったのでしょうか?

小川さん:
高校を卒業してすぐに 、オーストラリアとニュージーランドに行きました。合計で約4年半、海外で過ごしていました。

Dear WHISKY:
留学に行こうと思ったきっかけは、バーテンダーと関係していたのでしょうか?

小川さん:
何よりも最初は「海外に行きたい!」という想いから留学を決めました。ただもともと、海外の歴史や飲食の文化には強い興味がありました。そんな中で、友人が働いていたBarに通うようになり、自身もアルバイトとして働いたことで、次第にBarの世界に興味を持つようになりました。

Dear WHISKY:
興味を持ち始めた後、バーテンダーを志すようになった強いきっかけはありましたか?

川さん:
カクテルが面白いなと思ったことです!留学中、歴史と合わせて美術も勉強していた背景があり、アーティスティックな仕事をやりたいと思うようになりました。その意味で、カクテルはすごくアーティスティックなので、面白いのではないかと思いました。

Dear WHISKY:
カクテルのどのようなところがアーティスティックなのでしょうか?

小川さん:
職人的な技術が求められること
です!技法を駆使し、細かい味わいのニュアンスを引き出すことが一番重要であると思っています。

    『第1回カンパリカクテルコンペティション』について

    Dear WHISKY:
    『第1回カンパリカクテルコンペティション』は、小川さんが初めて優勝し、後にブランドアンバサダーに就任することとなる、思い入れのある大会かと思います。どのような気持ちで臨んだのでしょうか?

    小川さん:
    もちろん優勝したいという気持ちもありましたが、自分のカクテルがどのように評価されるのかを勉強する修行でもありました。カンパリは難しい材料でもあるから尚更勉強であり修行でしたね。
    そして、難しい材料であるカンパリには私自身深い特別な思い入れがありました。バーテンダーとしてまだまだ未熟な若手の頃に、カンパリを毎日買い、それがなくなるまでひたすらシェイクの練習をしていたことです。だからこそ、カンパリには深い思い入れがありましたね。

    Dear WHISKY:
    優勝だけではなく材料への想いもあったのですね!

    小川さん:
    そうですね!また、この大会では英語でプレゼンテーションをする必要があったので、留学で学んだことを活かすという意味でも、今までの集大成として臨みました。

    大会で作ったカクテルについて

    リキュールとして世界で使われるカンパリ

    Dear WHISKY:
    コンペティションではどんなカクテルを作ったのでしょうか?

    小川さん:
    イタリア語で「赤い月」を意味する『ルナロッサ』を作りました。少し変わっているのが、カクテルなのにシェイクをしなかったという点です。私が作った『ルナロッサ』はフローズンカクテルというジェラートのようなカクテルです。そのため、大会での見せ場であるシェイクを自分はせずにあえて、ブレンダーを回すだけという挑戦をしました。

    Dear WHISKY:
    この『ルナロッサ』にはどのような想いが込められているのでしょうか?

    小川さん:
    カンパリは、食前酒として、家族や友人と過ごす時間に飲む印象が強い素材です。大会の9ヶ月前に祖母が亡くなったので、祖母に捧げるという意味も込めました。皆さんも、大切な人と過ごす時間を大切にしてほしいと想いながら作りました。

    Dear WHISKY:
    「赤い月」という名前にも意味が込められているのでしょうか?

    小川さん:
    イタリアでは、赤い月は幸福の象徴と言われています。しかし、日本では不吉な意味合いも多いですよね。そのような中でもなぜあえて「赤い月」という名前を付けたのかというと、「赤い月が見えることはご先祖様が見守ってくれているということだよ」と祖母が教えてくれたので、この名前を付けました。

    Dear WHISKY:
    ご祖母様との思い出が詰まったカクテルなのですね!素敵です…!

    小川さん:
    ありがとうございます。
    イタリアと日本の月のストーリーを、祖母のストーリーと繋げた思い入れのあるカクテルになりました。私にとって大切なこのカクテル優勝することができ、大変嬉しく思います!

    カンパリグループブランドについて

    カンパリブランドの魅力

    Dear WHISKY:
    小川さんが思う、カンパリブランドの魅力は何でしょうか?

    小川さん:
    カンパリは、ハーブや苦味が苦手である日本人にとって難しい素材です。苦味は近代になってから日本に入ってきた味わいなので、まだ受け入れ難いのかもしれません。しかし、その様なビターアンドスイートの味わいをカクテルに繋げていくところが面白いブランドであると思います。
    また長い歴史の中で、色々なアーティストとコラボしてきたお洒落なブランドでもあります。モダンアーティストやハリウッド俳優とのコラボは、お酒のメーカーとしてはとてもセンセーショナルであったと思います。

    カンパリブランドのウイスキー

    Dear WHISKY:
    カンパリブランドの中で特におすすめのウイスキーを教えてください!

    小川さん:
    個人的にも好きな、「ワイルドターキー」です。今の若い世代の方は、バーボンを飲む機会が少ないかもしれません。アルコール度数が高いので、敬遠されがちですが、むしろ度数が高いことによって味わいが深くて美味しいと思います。
    このワイルドターキーは、頑なに50.5度を守っているので、1番バーボンらしい濃い味わいを楽しめると思います。やはり、バーボンの中でもレジェンドだと思います。

    Dear WHISKY:
    ちなみに、「ワイルドターキー」のおすすめの飲み方はありますか?

    小川さん:
    個人的には ストレートが好きなんですが、ロックも美味しいと思います。 ロックは、氷が溶けて水分が混ざることによって、アルコールが薄まり、樽の香りがしっかり出てきます。味わいの変化も合わせて楽しめると思います。

    ワイルドターキー

    仕事について

    バーテンダーとして

    Dear WHISKY:
    カクテルを作る際にこだわっていることはありますか?

    小川さん:
    ただ混ぜて作るだけでなく、いかにそれぞれの素材の味を引き出すかという技術が一番重要だと思っていますし、こだわっています。
    例えば、ウイスキーの水割り一つでも、ただ水で薄めている訳ではありません!水とウイスキーをいかにくっつけるかという作業をしている1つの完成体のカクテルです。水を分子レベルに落とし込んで、それを混ぜることによって細かいニュアンスの味わいを引き出します。
    カクテルには、ミクソロジーカクテルをはじめとした色々な技法があるので、これらを使って味の幅を増やすことも重要であると思います。

    Dear WHISKY:
    バーテンダーとしてやりがいを感じる瞬間はどのような時でしょうか?

    小川さん:
    やはり 、お客様が「美味しい」と言ってくださる瞬間が1番嬉しいです。イベントでは初めてお会いする方も多いので、プレッシャーは常にありますが、美味しいと言ってくださると本当に嬉しいです。

    ブランドアンバサダーとして

    Dear WHISKY:
    コンペティションに優勝した後、アンバサダーに就任することになった時の率直なお気持ちはいかがでしたか?

    小川さん:
    元々は、アーティスティックで職人気質な仕事を志していました。そのため最初は、現場でカクテルを作り続けるバーテンダーと、ブランドアンバサダーは真逆に思えました。
    しかし、ブランドを広めていくことに特化した能力を勉強できたら面白いと考え、アンバサダーになることを決意しました。今もその勉強を続けながら活動しています。

    Dear WHISKY:
    アンバサダーとしてはどのような瞬間にやりがいを感じますか?

    小川さん:
    イベントをやった時に、 「カンパリって面白いね」「美味しいね」と言ってくださることです。カンパリの魅力を伝えることができたのかなと思うことができます。

    Dear WHISKY:
    ブランドアンバサダーとしてこだわっていることはありますか?

    小川さん:
    カンパリのレシピは公開されていないので、カンパリは何で作られているかを聞かれても、答えることはできません。そのような中で、どうやって面白さを伝えていくかを自分で考え出す必要があります。ゲストバーテンダーとしてカクテルの美味しさを知ってもらうこと加えて、セミナーを通して、カンパリのバッググラウンドやアート同士の強い繋がりなど、正確に情報を伝えるとともに、面白さを見出してもらうというところも必要だと思っています。そのために、ただ同じセミナーを何回もやるのではなく、色々な新しい切り口を常に考えていくことを意識しています。

    カンパリを使ったカクテルの魅力を存分に体験できるイベント

    今後の展望

    Dear WHISKY:
    ブランドアンバサダーとしては、会社の今後の展望についてどのようにお考えですか?

    小川さん:
    今後、私のような専門的な知識を持ったアンバサダーの活躍の場が増えると思います。その上で、ゲストバーテンダーやセミナーなどの今までの方法だけでなく、色々なアプローチをして行きたいと思っています。

    Dear WHISKY:
    小川さんご自身の将来については、どのように考えていらっしゃいますか?

    小川さん:
    アンバサダーとしてどうやり切るかというところだと思っています。将来的には、アンバサダーとして世界1位になることを目指していきたいです!

    Dear WHISKY読者に向けて

    Dear WHISKY:
    最後にDWの読者にむけてメッセージをお願いします!

    小川さん:
    お酒には、色々な魅力があるので、色々なことを試していただきたいです。
    ウイスキーであれば、今はハイボールの文化が強いと思いますが、ウイスキーカクテルも今後発展していくと思うので、そういったウイスキーの幅を楽しんでいただきたいです。
    カンパリグループのワイルドターキーも世界的にレジェンドなので、もっとこのブランドを知っていただけたら面白いと思います。

    まとめ

    以上、カンパリグループのブランドアンバサダー・小川尚人さんへのインタビューでした!
    カンパリやワイルドターキーの魅力、そしてカクテルに込めた想い出や、小川さんのブランドアンバサダーとしての想いについてたくさんお聞きすることができました!
    小川さんありがとうございました!

    小川尚人さんをゲストバーテンダーとして迎えた『BAR FIVE Arrows × CAMPARI』セミナーの記事はこちらから!
    【イベントレポート】カンパリブランドアンバサダーとBAR FIVE Arrowsのコラボイベントを開催!

    会社概要

    社名 CT Spirits Japan 株式会社
    会社概要 CAMPARI GROUPブランドの日本市場でのさらなる発展、成長のために設立。
    公式HP CT Spirits Japan公式HP

     

    ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

    SNSで最新情報をお知らせ
    Contact

    ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
    お気軽にご連絡ください