資料ダウンロード
HOME > 取材 > 【独占インタビュー】 170年の歴史を誇る世界的ブランドEGAN’S 創業家6代目 ルパート・イーガン氏に独占インタビュー! <第1弾>

【独占インタビュー】 170年の歴史を誇る世界的ブランドEGAN’S 創業家6代目 ルパート・イーガン氏に独占インタビュー! <第1弾>

2023.06.11 / 最終更新日:2024.07.12
【独占インタビュー】 170年の歴史を誇る世界的ブランドEGAN’S 創業家6代目 ルパート・イーガン氏に独占インタビュー! <第1弾>

EGAN’S(以下、イーガンズ)はアイルランド中部の街タラモアで1852年にパトリック・イーガン氏によってピー・エイチ・イーガンとして創業され、歴代の創業家によって継がれていましたが、1968年にその歴史に一度幕を閉じてしまいます。
しかし、2013年にジョナサン・イーガン氏とルパート・イーガン氏によってイーガンズが再び復活、そして近年世界中で再燃を起こしています。
今回のインタビューでは創業家6代目であるルパート・イーガン氏らに直接お話をいただき、第1弾ではイーガンズのこだわりやおすすめのボトルなどについて伺いました。

【独占インタビュー】 170年の歴史を誇る世界的ブランドEGAN’S 創業家6代目 ルパート・イーガン氏に独占インタビュー! <第2弾>

EGAN’Sと創業家6代目ルパート・イーガン氏について

かつてのアイルランドのウイスキー製造・販売は分業制で、蒸溜所では蒸留のみを行い、ニューポットスピリッツ(蒸留を終えた直後の、熟成していない液体)をボンダーに卸し、その後、ボンダーが樽の選択・ブレンド・熟成・瓶詰までを行ってウイスキーとして製品化していたようです。
イーガンズは自社の蒸留所を保有せず、他の蒸留所、醸造所からウイスキー樽を取り寄せて自社の倉庫で熟成させ販売をしており、ボンダーと呼ばれます。
ボンダーとは、アイリッシュウイスキー業界特有であり、蒸溜所から原酒を仕入れ、ブレンドし、適切な樽に詰め熟成させ、瓶詰まで行う一連の仕事を担う職業です。

創業家6代目であるルパート氏は現在マスターボンダーというイーガンズのボンダ―の最高責任者を務めています。

イーガンズのこだわりと特徴

Dear WHISKY:
イーガンズではどのような点に着目してウイスキーを造っているのですか?

ルパートさん:
私たちは膨大な数のウイスキーを取り扱っており、イーガンズの理念に従って、ウイスキーを楽しむ飲み手の方々のためにできるだけ多くの方々に向け、生活や好みに合ったウイスキーや飲み方の提案を目指しています。
私たちは似たような、どこにでも手に入るものではなく、ーガンズの歴史に沿ったウイスキーのみを製造しています。
代々引き継がれたものを単に繰り返すのではなく、歴史に敬意を払いながら現代にあったウイスキーを製造することでイーガンズのウイスキーそれぞれが個々として輝けるように尽力しています。

Dear WHISKY:
ルパートさんがイーガンズのマスターボンダーとしてのこだわっている点を教えて頂けますか?

ルパートさん:
そのためにはまず正しい原酒の品質とその扱い方を決めることから始まります。原酒は主にグレート・ノーザン蒸留所から購入していますが、少し早めに蒸留のタイミングを切り上げるように依頼しています。このことにより、樽に入れた時により私たちが望む形の熟成を生みだせるようにしているのです。
最適な私たちは架け橋として、原酒と樽をそれぞれ選択するだけではなく、ペアリングを実現させるための、より適した原酒を蒸留所に依頼して作ってもらうことも行っています。

Dear WHISKY:
ルパートさんがウイスキーをブレンドする上で着目する点はどこですか?

ルパートさん:
現在イーガンズでは約5種類の樽を主に使用しており、グレート・ノーザンにあるブレンディング・ラボ(ウイスキーをブレンドをするための施設)では、置いてある全てのウイスキーをそれぞれテイスティングで使用し、自分たちがこれぞと思う味が得られるまで様々な比率でブレンドを試しています。そしてブレンドされたウイスキーを数ヶ月置き、友人や他の人々に試飲をして頂き、感想をもらっています。

私たちは毎年700個の樽を購入し、そのうち年間65個のシェリーバットの樽を購入していますが、特にシェリーバットはとても高価なので熟成させる楽しみがある反面、もし間違いがあった時とてもショックです。笑
イーガンズのレガシー・リザーブで使用されている原酒と樽はとてもいい状態で届き、ウイスキーを完成させることができました。1つ目はアメリカンバーボンカスク、2つ目はバニュアルA.O.C、3つ目はカディヤックA.O.C、4つ目はモスカテルというように、4つのシリーズごとに異なる、味わいのあるウイスキーに仕上げることができました。
それぞれの条件下でウイスキーがどうなっていくのか、その時間はとても興味深く、素晴らしかったです。

イーガンズおすすめボトルと飲み方

初めて飲む方におすすめなイーガンズボトルと日本で人気なボトル

左からイーガンズのヴィンテージ・グレーン、フォーティチュード、エンデバー、コンヴィクション

Dear WHISKY:ルパートさんが初めての方におすすめするイーガンズのウイスキーや日本で人気のウイスキーはありますか?

ルパートさん:
ウイスキーをどのように飲むかで少し変わってきてはしまうのですが、ウイスキーの飲み始めの方にはヴィンテージ・グレーンがおすすめです。アレンジが比較的しやすいウイスキーだと私は認識していて、水や氷を入れたり、カクテルでも楽しめると思います。
ヴィンテージ・グレーンはバーボン樽の中で8年間熟成を行っているので、その香りと風味がバーボンウイスキーが好きな方にも人気だと思います。

日本だとヴィンテージ・グレーン、そしてフォーティチュードが人気です。
個人的にカクテル好きの方にはフォーティチュードがおすすめで、飲んだ時にプルーンの香りと共に冬らしい香りが鼻を通り抜けます。私の母にフォーティチュードを出した時、「冬にテレビの前で毛布に包まって大好きな映画を見ている気分」と感想をもらったもので、特に今の季節におすすめできるものです。

ルパートさんが好きなボトル

Dear WHISKY:ルパートさんが個人的にお好みや思いを込めたウイスキーはありますか?

ルパートさん:
日本限定で出させて頂いた、ジェネシスが個人的に好きです。ジェネシスを初めて造った時はその場に居合わせた人は皆感動で一瞬動けなくなっていました。笑 ジェネシスの最初のテイスティングの感想は“ “Extraordinary taste(並外れた味わい)”以外出てこなかったです。本数に限りがありますし、飲む機会が多くはありませんが、こだわった分満足のいく仕上がりになったウイスキーです。

思いがこもっているウイスキーだと、コンヴィクションが挙げられます。コンヴィクションは特にウイスキー専門家の方々に人気で、製造の背景にはイーガンズを創立したパトリック氏の歴史があります。
コンヴィクション (Conviction) の言葉には「有罪判決」そして「強い信念」という異なる意味があります。当時のアイルランド人は自分の居場所を見つけることに必死であり、創立者であるパトリック氏は当時アイルランドで人権などに関するデモやストライキに活発的に貢献していました。しかし、その行動が政府によって咎められ、「有罪判決」で刑務所で生活する日を過ごしたこと、「強い信念」を持ちそれでも諦めず戦い続けたという歴史を含んでいるウイスキーです。
*当時、アイルランドはイギリスに統治されており、イギリス支配の中でアイラルンド人としてのアイデンティティを認めてもらうことに必死だった。

イーガンズおすすめの飲み方

Dear WHISKY:ルパートさんがおすすめするイーガンズの飲み方などありますか?

ルパートさん:
基本的には飲み手の皆さんが飲みたいように飲んで頂ければと思っています。

ヴィンテージ・グレーンやフォーティチュードのようにカクテルやアレンジをするも良し、ジェネシスのような高価なウイスキーはあまりアレンジをおすすめしませんが、好みによって変えていいと思っています。
私がおすすめするのはカクテルのオールドファッションです。そのほかにも、ヴィンテージ・グレーンとフォーティチュードをブレンドしてみたりして、ブレンドによって味がどう変化するかを楽しむのも面白いのではないでしょうか。エンデヴァーはピートが感じられるウイスキーですが、氷や水やソーダを加えて、ニートで飲むときとは味や香りが変わるのを楽しむのもおすすめです。
ぜひ自由な発想でイーガンズを楽しんでください。

最後に

Dear WHISKY:Dear WHISKYの読者へのメッセージをお願いします!

ルパートさん:
イーガンズを通して自分が心地よいと思うウイスキーを見つけて頂きたいです。私の表現としましては「一緒に座って今日あった出来事や自分が思うことなどなんでも話せる親友」のようなウイスキーを見つけて欲しいです。ウイスキーを飲んだ瞬間に「あ、これは自分みたいなウイスキーだ」「これは少し違うな」といった違いも発見できるものです。自分が飲みやすいウイスキーから始めて徐々にその飛び台を高くして自分なりの楽しみと発見をしていって欲しいです。
日々のストレスを忘れ、イーガンズを楽しんで頂ければと思います!

Dear WHISKY:ありがとうございました!

第2弾へ続く!

以上、イーガンズ ルパート・イーガン氏へのインタビュー記事第1弾でした!
第2弾の内容は、ルパートさんが思うマスターボンダーの魅力と日本のウイスキーについてです!
是非お楽しみに!

【独占インタビュー】 170年の歴史を誇る世界的ブランドEGAN’S 創業家6代目 ルパート・イーガン氏に独占インタビュー! <第2弾>

会社概要

EgansWhisky_https://stilebrands.com/stilebrands/egans-whiskeys/

【公式HP】https://eganswhiskey.com/our-whiskey/

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください