資料ダウンロード
HOME > 取材 > 【独占インタビュー】 唯一無二のシングルカスクを提供するThe Single Cask社 ヴィンセント・フリントヒル氏

【独占インタビュー】 唯一無二のシングルカスクを提供するThe Single Cask社 ヴィンセント・フリントヒル氏

2023.11.03 / 最終更新日:2024.02.01

品質への徹底的なこだわりで、シングルモルトの世界に新たな風を巻き起こすThe Single Cask社。その鍵となるのは、世界各国で活躍する専門チームのメンバー達です。その名の通り、シングルカスクとカスクストレングスに特化するThe Single Cask社は、スコットランド全土の一流蒸溜所と提携し、プレミアムウイスキーを提供しています。彼らの理念は、飲料という枠を超え、人々を繋ぎ、忘れられない体験、思い出を創り出すという情熱にあります。ウイスキーへの深い愛情と、その喜びを他の人々と分かち合いたいという思いから、樽の選定からボトリングまで、全工程を自ら手がけています。

今回、Dear WHISKY はThe Single Cask社の販売責任者であるヴィンセント・フリントヒルさんにお話をさせていただき、顧客第一の心得や、品質への揺るぎないこだわりについて伺いました!

併せてお読みください!

The Single Cask社について

The Single Cask Logo

The Single Cask社のロゴ

会社名 The Single Cask
創業 2010年
代表 Ben & Cindy Curtis
所在地 ロンドンとシンガポール。倉庫はスコットランド、ファイフ地域のグレンロセス
HP The Single Cask

設立秘話

Dear WHISKY:
The Single Cask社はどのような経緯で設立されたのでしょうか?

ヴィンセントさん:
The Single Cask社は2010年にウイスキー愛好家ベン・カーティス、シンディ・カーティス夫妻によって設立されました。きっかけは、ベンが以前働いていたグレンファークラス社の「ファミリーカスク」シリーズでした。当時はまだ過小評価されていたシングルカスクウイスキーの素晴らしさに魅了されたベンとシンディは、その魅力を広めるため、The Single Cask社を立ち上げることを決意しました。

The Single Cask's Whisky Bar in Singapore

シンガポールにあるThe Single Cask社のウイスキーバー

参照: The Single Cask

Dear WHISKY:
The Single Cask社がシンガポールへ拠点を構え、バーを経営するようになった理由はなんでしょうか?

ヴィンセントさん:
会社設立以前から、ベンはビジネスのハブとしてのシンガポールの成長性に注目していました。そのため、The Single Cask社設立後すぐに、同名のバーとウイスキーショップをシンガポールにオープンしたのです。

Dear WHISKY:
The Single Cask社はどのようなサービスを提供されているのですか? 

ヴィンセントさん:
私たちは、最高級のシングルカスクウイスキーを豊富に取り揃えています。私たちのウイスキーの最大の特徴は、カラーリング・チルフィルタリング(冷却ろ過)を全く行わないカスクストレングスでのボトリングです。ボトリング工程は全て当社の保税倉庫(ウイスキー樽など、一時的に関税の徴収が免除された貨物を保管する倉庫)で入念に管理されています。「ファミリーシリーズ」という自分だけのオリジナル・ウイスキーをボトリングできるサービスも提供しています。さらに、ファイフにある自社倉庫とボトリング工場では、他社ボトラーズの樽の保管やボトリングのサポートも行っています

The Single Cask

The Single Cask社 のボトル

Dear WHISKY:
どのようなボトラーズに、多くご利用いただいてますか?

ヴィンセントさん:
高品質な樽や、信頼できる樽の管理者を求めているボトラーズに、よくご活用いただいています。The Single Cask社の強みはお客様の様々なニーズにお応えできるように、豊富なタイプの樽をご用意し、リラック(樽の移し替え)、ボトリング前のフィニッシュ(仕上げ)など全てのプロセスを自社で管理する点です。クライアントのウイスキー造りを最高のコンディションでサポートできるように、私自身倉庫の近くに家を確保し、常に樽を管理できる体制を整えています。

Dear WHISKY:
The Single Cask社のサービスを利用して、ボトリングするメリットは何でしょうか?

ヴィンセントさん:
一つ目は、ホテルやバー、その他の企業様が、 60本といった少量からオリジナルウイスキーを作ることができるという点です。一般的なホグスヘッド(容量約250L)を丸ごとボトリングするとなると通常200〜300本ものボトルが製造されてしまうため、お客様の使用用途に対し、在庫が過剰になってしまう恐れがあります。
二つ目は、樽の管理から瓶詰めまで、すべての工程をひとつの屋根の下で管理できるため、樽の状態、リラック(移し替え)の必要性、サンプリング、瓶詰めのスケジュールなど、全ての情報を迅速に確認できます。オリジナルウイスキーの作成は、お客様にとって一生に一度の経験であり、通常大きなコストが発生します。すべての情報の透明性が、最高のオリジナルウイスキーを提供することにつながると考えています。

自社倉庫への挑戦 – 全工程を一つ屋根の下で

The Single Cask's Bonded Warehouse in Glenrothes, FIfe, Scotland

The Single Cask社の保税倉庫 スコットランドのファイフ地域、グレンロセス

Dear WHISKY:
創業から10年経った今、なぜ自社倉庫の建設に踏み切ったのですか?

ヴィンセントさん:
前述の通り、ボトリングの全工程を一つの建物で行うことが、この倉庫の目的でした。さらに、The Single Cask社は、究極の独立系ボトラーとして、信頼のおけるパートナーを求めている他のボトラーズ企業のサポートもこの倉庫で行なっています。この施設では、The Single Cask社ブランドの下、平均で年間200〜300樽をボトリングしています。

Dear WHISKY:
自社倉庫の建設は、手間やコストなど多くの面で膨大な事業ですが、決断のきっかけは何だったのでしょうか?

ヴィンセントさん:
2020年の新型コロナウイルスの流行がきっかけです。多くの業界が困難に直面し、私たちも例外ではありませんでした。このような状況下で、特にボトリングフローのコントロールなどで第三者の手に委ねる必要ないよう、長年の夢であった新しい倉庫の建設を決断したのです。その後、倉庫は2022年に建設され、2023年に稼働を開始しました。この決断は私たちだけでなく、私たちのパートナー企業やウイスキー業界全体にとっても大きな意義を持つものだったと考えています。

Dear WHISKY:
建設プロセスはどのようなものでしたか?

ヴィンセントさん:
以前までショッピングカート工場だった倉庫を購入し、内装を我々仕様に作り替えました。ウイスキーの樽の重量を支えるための強度な床を確保する必要があったことも、決めての一つです。あえて、前の工場の機能を多く残しており、トラックなども直接倉庫内の最も利便性の高い場所に乗り入れることができます。私ひとりだけでも、すべてを十分効率的に運用できるよう、建設には最新の注意を払いました。

才能溢れるパートナー達 樽の選定、ボトルの形状、特注ラベル

Vincent at the cask maturation room

樽熟成庫

Dear WHISKY:
樽の選定はどのようにして行なっているのですか?

ヴィンセントさん:
ブレンダン・アッシャー・ピライが、樽の選定を担当しています。彼は、社員の間では“ウイスキーぺディア”というあだ名がつくほど、ウイスキーの深い知識と、何よりも愛情を持っています。ブレンダンの住むシンガポールに、候補の原酒のサンプルを郵送し、品質の入念な吟味、評価が行われます。

Dear WHISKY:
The Single Cask社は、個性的なキューブ型のボトルで知られていますね。
シグネチャーボトルに伝統的な丸いデザインではなく、この形を選んだのはなぜでしょうか?

ヴィンセントさん:
お客様のニーズにお応えしようと研究を重ね、この形状に辿り着きました。シンガポールは、高温多湿の熱帯気候に属しており、一般的な丸いウイスキーボトルでは、ラベルが湿気で剥がれやすいという相談をいただいていました。解決策を模索する中で、エレガントなスクエアボトル型のボトルを見つけたのです。このボトルは、唯一無二でプレミアムなシングルカスク・ウイスキーを提供するという、The Single Cask社のコンセプトにぴったりなことに加え、安全で効率的な輸送を確保できるという強みがあります。

Christmas whisky bottle, single cask scotch whisky

マノックモア9年。ダイアナさんがデザインしたクリスマス仕様のラベル。ヴィンセントさんのお姿も描かれています。

参照: The Single Cask’s Family Series

Dear WHISKY:
The Single Cask社のラベルは全て、美しく遊び心のあるデザインが魅力的です。
これらのデザインは、どのように作成しているのでしょうか?

ヴィンセントさん:
ダイアナ・リーというマレーシア在住のデザイナーに依頼をしています。写真や画像など、ラベルに使用したいイメージを共有するだけで、世界にたった一つの、あなただけのラベルが完成します。過去には、クライアント自身が入れているタトゥーをラベルデザインに使用したこともありました。私たちにとって、ラベルとは、オリジナルウイスキーをさらに生涯忘れられない体験にするための重要な要素であると考えています。この点、ダイアナという類まれなデザイナーと提携していることは、私たちのボトリングサービスの強みの一つです。

グローバルな市場におけるチームワーク

The Single Cask's Playful Goods

The Single Cask社のグッズ

Dear WHISKY:
The Single Cask社は、現在何名ほどのメンバーで構成されていますか?

ヴィンセントさん:
現在、総計25~30名が、世界各国で事業に参加しています。ベンとシンディはロンドン、カスクセレクターのブレンダンとYX、ウェイ・デはシンガポール、私はここスコットランドを拠点としています。このように国際的に拠点を展開することで、私たち自慢のシングルカスクウイスキーを世界中にお届けすることが可能になり、COVID-19の流行以前の輸出国は、約30カ国にも上りました

Dear WHISKY:
主な販売先はどこでしょうか?

ヴィンセントさん:
会社設立の歴史や拠点があるシンガポールに加え日本、台湾、韓国などのアジア諸国が主要な市場です。もちろん、ヨーロッパ諸国との取引も大規模に行なっており、中東やアフリカ、そしてアメリカにも進出しています。

ヴィンセント・フリントヒルさんご自身について

Vincent Flint-Hill with The Single Cask's Bottle Series.

ヴィンセントさんとThe Single Cask社のボトルシリーズ

Dear WHISKY:
自己紹介をお願いします!

ヴィンセントさん:
スコットランドを拠点に、The Single Cask社の保税倉庫兼ボトリングホールの管理を担当しています他にも、サプライヤーや蒸留所との連絡窓口を担い、全てが適切な状態で管理されていることの確認をしています。また、The Single Cask社のグローバルセールスにも携わっています。

Dear WHISKY:
ウイスキー業界に入ったきっかけは何ですか?

ヴィンセントさん:
始まりは本当に偶然でした。21歳の頃、肉屋のカウンターで働いていたのですが、そこにお客として来たのがウイスキー界のレジェンド、ジム・マーレイだったのです。肉屋の以前はマクドナルドでマネージャーをしていた時期もありました。ご存知の通り、ジムは “Jim Murray’s Whisky Bible “というウイスキー雑誌を発行しており、私に「一緒に働かないか」と声をかけてくださったのです。私はウイスキーについて何も知らなかった状態から、彼と8年間一緒に働くうちに、ウイスキー製造に関するあらゆる知識を吸収し、世界中を旅しながら仕事をするようになりました。ジムとの運命的な出会いが、ウイスキー業界に入ったきっかけです。

Vincent in front of the bottle shelf. He could recall all the stories of the bottles that The Single Cask has been bottled and shares them with us with great joy.

ヴィンセントさんはThe Single Cask社がボトリングしたボトルの裏話を全て覚えており、とても嬉しそうに話してくださいました。

Dear WHISKY:
The Single Cask社に入社した経緯を教えてください。 

ヴィンセントさん:
私は2021年に、ウイスキー製造と国内外でのウイスキーの販売に関する専門知識を評価され、The Single Cask社の一員となりました。私は長年のWhisky Bibleでの経験を通じて、出会ったインディペンデント・ボトラーたちをもっと支援したいと考えるようになりました。そんな中、The Single Cask社が提供する、ウイスキーを提供し、さらに人々を支援するプラットフォームはまさに、私が求めていた理想の事業内容でした。

Dear WHISKY:
The Single Cask社 での仕事の中で一番誇りに思うことは何ですか?

ヴィンセントさん:
私はウイスキー愛好家である以上に、この業界で働く人々が大好きなので、The Single Cask社の素晴らしいメンバーと働けることは本当に幸せです。さらに、長年の友人や家族の、オリジナルウイスキーのボトリングをサポートし、The Single Cask社のボトルとして出荷された瞬間は、とてもやりがいを感じます。最も記憶に残っているのは、古い親友のために2つのシングルカスクをボトリングし、ウクライナに出荷した日です。彼らはその後、私をウクライナに招待してくれました。親友たちとともにボトリングされたウイスキーを味わったのは、忘れられない思い出です。

最後に

The Single Cask Bottle Poster

The Single Cask社 のボトルのポスター

以上、 The Single Cask社特集の第1弾でした!ウイスキー業界全体の需要を深く理解し、計算され尽くした自社倉庫とボトリングラインを備えた期待のボトラーズ、The Single Cask社プレミアムなシングルカスクウイスキーの魅力を世界中に広めるだけでなく、数多くのボトラーや業界全体を支援する姿に目が離せません。

第2弾では、ヴィンセントさんがスコットランドのファイフ地域、グレンロセスに位置する自社倉庫を案内してくださいました。 The Single Cask社のボトリングの舞台裏を、お楽しみに!

併せてお読みください!

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください